修理・調整について AMUSE BRASS INSTRUMENTS

※ お申込・お問合せの前に、必ずこちらをお読み下さい。お読み頂いていないと判断される場合(お名前等の記載がない場合など)には、ご返答いたしかねます。高額のお取引になりますので、何卒ご容赦下さい。

※ 携帯電話のメールでお問合せの方は、PCからのメールを受取れるように設定してからお問合せ下さい。

※ 高額のお取引になりますので、高校生以下の方、また18歳未満の方へは、販売致しかねます。ご両親様からお問合せ・お申込をいただきますよう、お願いいたします。

2012年12月27日

修理・調整について

一般に流通していないブランドを購入するときに心配になるのが、「故障したときにどうするか」です。

一昔前は、「中国製は修理を断られる」と言われていました。これは、修理しようのない不具合が、最初からあったものが多かったからだと思われます。

中国製の楽器を販売するにあたって、調査のために、他社で扱っている超格安の中国製ユーフォニアムを入手してみました。一見してパーツの接合がかなりいい加減で、いかにも粗悪品でした。ピストンの動きがどうもおかしいため、分解してみますと、なんとヴァルヴケーシング内部が斜めに作られていました。当然、これでは修理のしようがありません。ケーシングを丸ごと交換するしか手はありませんが、新しいヴァルヴケーシングも同じような状態でしょうから、これはもう修理を依頼されても、「不可能です」としか言いようがありません。

しかし、AMUSE の各モデルは、修理工房の技術者が「ここまで出来るのか!」と唸る程の出来映えです。どこの修理工房でも、強烈な偏見さえなければ、修理や調整を拒否される理由がありません(メーカー専属の工房では、当然断られますが)。

また、使っていくうちに消耗していく部品の交換はどうするかということについては、ほとんどのモデルのピストンフェルト、スプリング、ガイドなどの消耗品は、日本で流通している有名ブランドの消耗品と互換性がありますので、それらを使用できます。特殊な形状の消耗品がごく僅かにありますが、それはできる限りこちらでストックをしておきます(しかし、ほとんど交換の必要のないものです)。
 
消耗品などの各パーツを自分好みでチューンナップしていくというのも、また楽しいものです。興味を持った工房の技術者が協力してくれるかも知れません。
 
Copyright(C) 2012 AMUSE (PROJECT EUPHONUM http://euphonium.biz/) All rights reserved. 文章・画像の無断転載厳禁 | Posted at Dec.27 06:55
| TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/310116967
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。